githubとの連携

この章のゴール

・githubへのアカウント登録を完了させる。

・githubへssh_keyを登録する。

・githubで新規プロジェクトを作成する。

githubとは

今までの章で、gitやブランチ、マージなどチーム開発で必要な概念を説明してきました。

前述の通り、システム開発では、チームの開発メンバーが並行してプログラムを作っていくことになる訳ですが、書いたソースコードを、皆で共有する場所が必要です。

その役割を担うのがgithubと呼ばれるWebサービスです。

それぞれの開発メンバーが、自分の書いたソースコードをgithubにアップロードして、それらを合体させることで一つのシステムを作っていきます。

githubに自分の書いたソースコードを上げる(アップする)ことをpush(プッシュ)githubから他の人の書いたソースコードを取ってくることをpull(プル)と言います。

githubを使ってみる

では早速、githubを実際に使ってみましょう。

まず、githubを利用するには会員登録が必要なので、こちらのページからユーザー登録をします。

githubへの登録

まずは、「Githubに登録する」をクリックしてください。

次に、①〜③の項目を入力し、「検証開始」をクリックした後で「Create an Account」をクリックしてください。

次に、以下の画面に遷移したら、「Free」プランが選択されていることを確認して「Confirm」を押してください。

次の画面では、特に選択する必要はないので、そのまま「Submit」を押してください。

以下の画面になっていればOKです。

設定したe-mailアドレスに登録確認メールが届くので、「Verify email address」をクリックしてください。

必ず、指定したアドレスのメールを開いて確認してください。

次に、ログイン画面に遷移するので、登録した情報で「Sign in」してください。

以下の画面に遷移できたら、ログイン成功です。

画面左上のネコのマークをクリックしてください。

githubのトップページへ遷移します。

githubへのssh_keyの登録

githubへは、sshもしくはhttpsという仕組みを使って接続することができますが、httpsを使って接続する場合は、毎回「username」と「password」を入力する必要があります。

(sshやhttpsの説明は、この章では割愛します)

usernamepasswordを毎回求められるのは面倒なので、入力を求められないように、sshを使ってプッシュできるように設定を行いましょう。

公開鍵・秘密鍵の作成

まずは、ターミナルを起動し、以下のコマンドで、鍵を生成します。

3回の質問をされるので全てエンター(Enter)を押せばOKです。

Enter file in which to save the key (/home/ec2-user/.ssh/id_rsa):

Enter passphrase (empty for no passphrase):

Enter same passphrase again:

※ 全てEnterを押す

$ cd ~/.ssh/
$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/ec2-user/.ssh/id_rsa): 
Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again: 
Your identification has been saved in /home/ec2-user/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/ec2-user/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:JfnD+RGtId1En/6bAkK9fl3QsahdjashuLbNU/pKDPg ec2-user@ip-172-31-18-105
The key's randomart image is:
+---[RSA 2048]----+
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|      省略        |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
+----[SHA256]-----+

 

すると、id_rsaid_rsa.pubの2つの鍵が生成されます。

実際に、lsコマンドで確認してみましょう。

$ ls
authorized_keys  id_rsa  id_rsa.pub  known_hosts

 

次に、catコマンドで公開鍵の中身を表示し、「ssh-rsa」を含む、全ての文字列(= 鍵)をコピーしてください。

$ cat ~/.ssh/id_rsa.pub
$ ssh-rsa AAAAB3NzaC1yc2EAAAADAQABAAABAQDD8cC9si2AVR9GmJLrzxjrm/ZaxeLpvBqGH3YhU0iixALolDm8RsmNDZ7X5Gf2/4djW・・・省略

 

鍵をgithubへ登録

次に、githubのこちらのページから、上でコピーした鍵を登録します。

画面上の「New SSH key」をクリックします。

 

以下の画面になればOKです。

 

githubでプロジェクトを作成

では、実際にgithubでプロジェクトを作成し、プッシュやプルができる状態に持っていきましょう。

まずは、githubのトップページで「Start a project」をクリックします。

次に、新規作成するプロジェクトの設定を行います。

「Repository name」は任意の名前でOKです。

次に、「Public」にチェックが入っていることを確認の上、「Create repository」をクリックしてください。

「Private」の場合は、他の人からソースが見えなくなります。

教材を進める中で、すぐに質問できるように「Public」にしておいてください。

 

以下の画面になればOKです。

プロジェクトの初期設定

ターミナルを起動しましょう。

ターミナルを起動したら、以下のコマンドを実行してください。

$ cd

次に、作業するためのディレクトリを新しく作成し、そのディレクトリに入ります。

$ mkdir workspace3
$ cd workspace3

 

次に、github上で、以下のボタンをクリックしてください。

すると、以下の内容が自動的にコピーされます。

echo "# github_learning" >> README.md
git init
git add README.md
git commit -m "first commit"
git remote add origin git@github.com:wakitakomure/github_learning.git
git push -u origin master

 

次に、ターミナルに戻って、先ほどコピーした項目を貼り付けます。

Paste(貼り付け)は、以下のショートカットでもOKです。

Mac:Command + V

すると、以下のようになります。

$ echo "# github_learning" >> README.md
wakitanoMacbookPro:workspace3 alto$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/alto/workspace3/.git/
wakitanoMacbookPro:workspace3 alto$ git add README.md
wakitanoMacbookPro:workspace3 alto$ git commit -m "first commit"
[master (root-commit) 72a309c] first commit
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 README.md
wakitanoMacbookPro:workspace3 alto$ git remote add origin git@github.com:wakitakomure/github_learning.git
wakitanoMacbookPro:workspace3 alto$ git push -u origin master
Warning: Permanently added the RSA host key for IP address '13.114.40.48' to the list of known hosts.

Enumerating objects: 3, done.
Counting objects: 100% (3/3), done.
Writing objects: 100% (3/3), 231 bytes | 231.00 KiB/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To github.com:wakitakomure/github_learning.git
 * [new branch]      master -> master
Branch 'master' set up to track remote branch 'master' from 'origin'.

 

 

githubのページに戻り、リロードを押してください。

リロード:ページを再読み込みすること。

以下のショートカットでもOKです。

Mac:Command + R

すると、以下のようにページが変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA