【Windowsの場合のみ】開発環境の構築

この章のゴール

・Windows上にVirtualboxをインストールする

・Virtualbox上にUbuntuをインストールし、開発環境を準備する

Virtualboxのインストール

Virtualboxとは

Virtualboxとは、現在使用しているパソコンの上に、仮想的に、別のOSを立ち上げるためのソフトウェアです。

MacWindowsLinuxなど、様々なOSがあり、本来、これらを同時に動かすには、別のパソコンを用意する必要があります。

しかし、Virtualboxなどの仮想マシンを利用することで、一つパソコン上で、複数の異なるOSを同時に利用することができます。

今回の学習で利用するRuby on Railsという言語、フレームワークは、Linux上で動かすことが大半であり、Windowsとの相性がよくありません。

Macは、LinuxベースのOSであるため、Macの上にRuby on Rails環境を構築しやすいのですが、Windowsとの相性はよくないので、今回は、Virtualboxを用いて、Windows上にLinuxの仮想OSを立ち上げて、その上にRuby on Railsの環境を構築していきます。

Virtualboxのダウンロード

こちらから、Virtualboxをダウンロードします。

今回は、windowsにインストールするので、「Windows hosts」をクリックします。

ダウンロードできたら、ダブルクリックして、インストーラを立ち上げます。

Virtualboxをインストール

インストーラが起動したら、以下の手順でインストールします。

「Next」をクリック

「Next」をクリック

「Next」をクリック

「Next」をクリック

「YES」をクリック

「Install」をクリック

「インストール」をクリック

「Finish」をクリック

Ubuntuのインストール

Linuxとは

Linuxとは、Mac、Windowsと同じ、OS(オペレーティングシステム)の一種です。

通常、MacやWindowsなどは購入にお金がかかりますが、Linuxは基本的に、無料で配布されています。

Linuxは、サーバなどを乗せるパソコンにインストールされることが多く、また、多くのプログラムを走らせる上でも相性が良いです。

Linuxの中にも、Ubuntu、CentOS、Redhatなど、様々なOSの種類があるのですが、今回はUbuntuというOSの上に開発環境を構築します。

Ubuntuのダウンロード

Ubuntuは、こちらからダウンロードします。

繋がりにくい場合は、こちらからでも、ダウンロードできます。

Ubuntuのインストール

デスクトップにVirtualboxのアイコンが生成されているはずなので、起動しましょう。

すると、以下の画面になりますので、「新規」から新たな仮想マシンを作成します。

ここでは、メモリの設定を行います。

1024MBでも機能しますが、動作が遅いため、最低でも2048以上に設定することを推奨します。

PCのスペック的に、余裕があるのであれば、それ以上の値に設定してもOKです。

ここまでが完了すれば、作成した仮想マシンが、VirtualboxのTOP画面に表示されます。

「起動」をクリックしましょう。

ここでは、先ほどダウンドードしたUbuntuのisoイメージを選択します。

isoのダウンロード先は、人によって異なる可能性があるので、isoをダウンドードしたフォルダを選択します。

次に、Ubuntuのインストール画面が起動したら、以下の画面の手順で、インストールを実行します。

今回は、開発環境を構築する目的で、Ubuntuをインストールするため、「最小インストール」で、OKです。

また、その他のチェックは外してOKです。

次に、インストールの設定ですが、「ディスクを削除してUbuntuをインストール」でOKです。

ユーザ名パスワードを決めて、「続ける」を押下します。

ここで入力するパスワードは、後に使うことになるので、忘れないようにメモしておきましょう。

最後に、「今すぐ再起動する」を押します。

Guest Additionsのインストール

ここまでで、Ubuntuのインストールが完了していますが、Virtualboxの画面を最大化しても、画面が小さく表示されているかと思います。

次に、Guest Additionsをインストールして、画面を最大化できるようにします。

「デバイス」→「Guest AdditionsのCDイメージを挿入」をクリック

「実行する」をクリック

「Press Return to close this window…」と表示されたら、「Enter」を押します。

その後、画面右上の「×」を押して、「シャットダウンシグナルを送信」を押します。

再び、仮想マシンを起動すると、最大化で表示できるようになっているはずです。

スナップショットの作成

ここまでで、Ubuntuの初期設定が完了しましたので、スナップショットを取っておきましょう。

スナップショットとは、ゲームデータの保存のようなもので、何か不具合がおきた際に、スナップショットを取った場所まで、戻ることができます。

今は、それくらいに軽く理解しておく程度でOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA